総合検査機器展

出展社詳細

小間番号 J-02
出展社名 電子磁気工業株式会社
https://www.emic-jp.com
住所 〒115-0051
東京都北区浮間5-6-20
担当部署 開発部
TEL 0359708681
FAX 0359708680
E-mail rd@emic-jp.com
みどころ きず・割れの各種非破壊検査装置のオートメーション化
磁気を応用した着磁・脱磁・計測技術
製品情報

ガウスメータ GM-6001
この度、長らくご愛顧いただいていたガウスメータの後継機種を開発いたしました。
従来機能に加え、測定値の変動をリアルタイムに観測できる波形表示機能を搭載しています。そのほか温度補正機能、タッチパネル、フルリモートに対応しており、より感覚的に使用できる機種となっています。また1台で1~3軸、高磁界、低磁界のすべてのプローブに対応している上位機種もございます。

ハンディ型き裂深度計 CDM-4114
金属表面にセンサー部を押し当てるだけで、金属の割れ深さ(き裂深さ)をスピーディーに計測します。超音波探傷では測定困難だった狭い場所、角部にも有効です。また、現場で使用していただく事を目的にし、バッテリー駆動、ワイアレス化を組み込みました。電気抵抗を捉える電位差法を採用し、開口していないき裂も検査できます。センサー部はお客様のサンプルに合わせて設計を行い、さまざまな場面でご使用いただけます。

LEDブラックライトシリーズ
非破壊検査に用いられる紫外線探傷灯です。光源にLEDを採用することで、高強度、省エネ、長寿命化を達成。さらに、独自の放熱設計により冷却ファンを無くし、密閉にすることで内部に埃、塵が入りにくい構造にしました。これにより、メンテナンス性が格段に向上し、作業性の良い製品となりました。長尺用、汎用、ハンディの3タイプを用途に合わせて取り揃えております。

焼入れ判定器 WT-4104
WT-4104は、4探針のセンサで各種鉄鋼材料の電気抵抗率(電位差)を測定します。測定時間はわずか0.5秒、4探針センサは最小3㎜と小さく、測定箇所を選びません。焼入れ状態の評価は、熱処理することで変化する金属内部組織の微小な変化を焼入れ深さに換算、溶接状態の評価は、レーザー溶接、スポット溶接等の圧接から溶接状態を電気抵抗の変化として簡易に判定できます。

磁粉探傷試験用ガウスメータ GMS-103
GMS-103は磁粉探傷試験における試験体表面に平行な磁界強度を測定するガウスメータです。1回の測定にて、試験対象の表面磁束密度測定(対象表面磁場推定)が行えるため、試験時間短縮、精度向上に寄与します。電池駆動のハンディータイプであるため、現場での使用に適しています。 ※JIS Z 2320に準拠。