センサエキスポジャパン

出展社詳細

センシリオン株式会社

小間番号
S-43
出展社名 センシリオン株式会社
http://www.sensirion.co.jp
住所 〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル4F
TEL 03-3444-4940
FAX 03-3444-4939
みどころ 温湿度・ガス・CO2・PM2.5センサーデモ等、環境センサーを中心にご紹介します
出展製品

CO2センサー 「SCD30」
弊社特許技術CMOSens®を用いたNDIR式CO2センサー(弊社温湿度センサー内蔵)は、追加の部品が不要で周囲のCO2・温度・湿度を同時に測定しセンサーの高さが非常に低いため、様々なアプリケーションに簡単に組み込む事が出来るコストパフォーマンスに優れたセンサーです。
また、1cm3 レベルのスペースに収まる初めての小型CO2センサー 「SCD40」も現在開発中です。これにより、前例のなかったコストパフォーマンスで新しいアプリケーションにもCO2+温湿度測定が可能となります。

パーティクルカウンター 「SPS30」
レーザー式パーティクルカウンター 「SPS30」は粒子サイズPM0.5~10の粒子重量(μg/m3)だけでなく粒子N/cm3)も測定でき、メンテナンスフリー(掃除不要)で24時間 x 8年間連続使用が可能な高精度で耐久性を兼ね備えた非常に優れたセンサーです。
サイズも小さい為(41 x 41 x 12mm3)、様々なアプリケーションに実装が可能です。

TVOCガスセンサー 「SGPシリーズ」
弊社特許技術CMOSens®を用いたMOX式TVOCガスセンサー「SGPシリーズ」は、2.45x2.45x0.9mm3という非常に小さなDFNパッケージにも関わらず、温度制御・測定・I2C出力をワンチップで実現し、業界初のシロキサン耐性を備え、空気質の「見える化」に最適な非常に優れたセンサーです。また、サンプリング周期が違うモバイル版TVOCガスセンサー 「SPGC3」により、バッテリー駆動でも使用が出来るようになり、空気清浄機のみならずIoT製品等、様々なアプリケーションに展開が出来ます。

温湿度センサー開発キット 「SHT31 SmartGadget」
このガジェットは優れた温湿度測定性能を持ったシンプルなリファレンスガイド基板で当社の温湿度センサー 「SHT31-DIS」を簡単に使える開発キットです。
このガジェットは単に温度や湿度の値を表示するだけではなく、Bluetooth Low Energyでスマートフォン等のデバイスと無線でコミュニケーションが可能で、ロギングや測定データの転送も出来ます。このガジェットのHW, SW, FW, アプリケーションソースコード等、開発に必要な情報の全てがGitHub上に公開されています。

液体フローセンサー 「SLF3S-1300F」
熱式マイクロセンサーの測定原理を用いて40ml/minまでの流量測定が可能な液体フローセンサーです。媒体に対して非接触でありながら高感度、応答速度の速い(20mSec以下)測定、繰り返し精度の高い測定が可能です。当社従来品と異なる卓越したコンパクト、軽量なボディ(48x15.5x8.9㎜)は、装置実装時の設計自由度をもたらします。通信手段はIIC Bus方式。接液部はステンレススチールとPPSで構成され、耐薬品性に優れた構造は診断機器、産業オートメーションなどに最適です。

このページを印刷    閉じる