測定計測展

出展社詳細

アメテック株式会社 テーラーホブソン事業部

小間番号
M-43
出展社名 アメテック株式会社 テーラーホブソン事業部
http://www.taylor-hobson.jp
住所 〒105-0012
東京都港区芝大門1-1-30 芝NBFタワー3F
担当部署 テーラーホブソン事業部
TEL 03-4400-2400
FAX 03-4400-2301
E-mail kenichi.akiba@ametek.com
みどころ 形状粗さ・真円度測定機、真直度や平面度測定でしたら弊社に御相談下さい。
出展製品

新型形状粗さ測定機 フォームタリサーフ PGI Novus
上下両方向の測定が可能な新開発検出器と新たなソフトの搭載によりこれまでの形状粗さ測定機とは異なる、CMMのように使える形状粗さ測定機です。
-上下両方向の測定で直径や角度、PCDの測定を可能に
-自動針圧調整、自動針制御機構付きで針を自在に制御、かつ粗さ規格に沿った針圧の測定が可能
-新ソフトを搭載し、3Dモデルによる測定機挙動のシミュレーション、CAD図面から測定位置指定が可能
-CMMのようにパーツ座標系と測定機座標系を別個に保持

ポータブル形状粗さ測定機 Intra Contour
-小型の筐体に取替式検出器で1mm/2mm範囲の高精度形状粗さ測定と20mm/32mm範囲の輪郭形状(+粗さ)の測定を両立したユニークな測定機です。
-1mm/2mmのZ範囲ではシステムノイズ8nmで高精度な形状粗さ測定が可能です。
-20mm/32mmという広いZ範囲で輪郭形状の測定が可能で、別に輪郭形状測定機を購入する必要はありません。5umRのダイヤモンドスタイラスを使用すれば粗さの測定も可能です。
省スペースながら一台で形状測定機と粗さ測定機の二役をこなす、現場の力強い味方です。

光電二軸式オートコリメータUltra(ウルトラ)
XY2軸での真直度測定の可能な、デジタル式オートコリメータです。
これまでの目視式とは異なり、自動で測定値の読み取りを行うためオペレータによる主観的誤差が発生しません。またオプションのミラーやプリズムを用いて直角度・平行度等の測定や、ポリゴン(多面鏡)を用いた工作機械回転軸の回転誤差の測定も可能です。
標準タイプ: 分解能 0.001秒 最高精度 0.2秒 測定範囲 1800x1200秒
高精度タイプ: 分解能 0.0001秒 最高精度 0.1秒 測定範囲 300x300秒

高精度電子水準器タリベル®6
高精度な電子水準器として、定盤の平面度測定、真直度測定などで業界スタンダードとして長年ご利用いただいている水準器です。6型からワイヤレス接続が可能になり取り回しが大きく改善しました。大きな特長として「ディファレンシャル(差分)」という二台の水準器を用いるモードが利用でき、一台の水準器を基準として用いることでより高精度な測定が可能になります。
分解能 0.1秒 測定範囲 最高精度 ±1秒 ±800秒(校正範囲 ±600秒) <製品紹介動画>

ポータブル粗さ測定機 サートロニック S-100シリーズ
プローブ交換により深溝・小穴・Oリングなどの粗さの測定が可能なポータブル粗さ測定機です。最大の特長は非常に柔軟なプローブ取り付け機構で以下のような利点があります。
・標準のプローブで横トラバース、上下反転測定が可能。
・高さ50mmの可動範囲があり、高さ調整用の治具等が不要。
・反転させてパイプ中の測定なども可能
また最大測長距離は業界最長の25mmで、各国のパラメータ・粗さ規格・ディスプレイ言語に対応します。

このページを印刷    閉じる