地盤技術フォーラム

出展社詳細

CDM研究会

小間番号
G-28
出展社名 CDM研究会
http://www.cdm-gr.com
住所 〒101-0031
東京都千代田区東神田1-11-4 東神田藤井ビル10階
担当部署 事務局
TEL 03-5829-8760
FAX 03-5829-8761
E-mail cdm-office@takenaka-doboku.co.jp
みどころ 機械撹拌式の深層混合処理工法では日本で最も多くの実績を有するCDM工法の技術を専門技術者が分かりやすくご説明いたします。
出展製品

変位低減型深層混合処理工法 CDM-LODIC工法
本工法は撹拌混合翼の上部にスクリューを装備し、回転数や回転方向を管理することにより、挿入機械体積とセメントスラリーの投入量に相当する土砂の排土を制御して周辺変位を抑制する改良工法です。従来は撹拌混合翼引抜時の羽根切り回数で混合度を管理していましたが、貫入時の回数を考慮し混合効率を最適化した貫入加算型の羽根切り回数管理方法の採用により、10%以上の施工効率が向上しました。更なる効率化を目指して改良径の大径化・撹拌混合翼の3軸化の開発に着手しており「平成30年度土木学会全国大会」に成果発表しました。

陸上機搭載台船方式深層混合処理工法 CDM-FLOAT工法
CDM-FLOAT工法もスラリー化したセメント系改良材を軟弱地盤中に注入し原位置で撹拌混合するCDM工法の応用技術です。海上CDM専用船では施工困難な河川、運河等の狭隘な現場に対して、台船上に陸上CDM機を搭載し潮位管理機能付き施工管理システムの導入で、専用船あるいは作業構台上の陸上機施工と同等の施工精度と品質を確保することを特徴としています。これまでに多くの現場で採用され、その累計処理土量は540万m3を突破しています。

次世代型大口径深層混合処理工法 CDM-EXCEED工法
CDM-EXCEED工法は、改良径をφ1,600mm2軸式として改良面積を大幅にアップした工法です。その最大の特徴は、撹拌軸に地中内圧を解放する内圧緩和翼を取付けるエアー併用削孔方式により、施工速度を低下させることなく大口径の改良体が造成できることです。また、地盤改良工の基本要素となる地盤特性・材料特性・機械特性を総合的に検討し施工仕様を決定する「プロセス設計」を導入することで撹拌効率の向上を図り、より高品質な改良体の造成を可能としています。
【NETIS登録番号:CBK-190001-A】

このページを印刷    閉じる