総合検査機器展

出展社詳細

株式会社ケン・オートメーション

小間番号
J-12
出展社名 株式会社ケン・オートメーション
http://www.kenautomation.com
住所 〒220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-11-12 横浜KMHビル5階
担当部署 営業技術部
TEL 045-290-0432
FAX 045-321-6590
E-mail info@kenautomation.com
みどころ サーモグラフィ、超音波、光、渦電流を用いた各種検査装置を展示します。
出展製品

インライン渦流検査機器
渦流検査機メーカーとして30年以上の実績を誇るドイツibg社が独自開発したPMFT検査法(予防的多重フィルター法または多重周波数法)をすべての機種に採用することにより、従来の渦電流方式が得意とする検査対象欠陥の「クラック」・「巣穴」や、「熱処理不良」・「異材混入」に加えて、これまで困難とされていた研磨焼けの検出も可能になりました。自動車などの重要保安部品の全数検査に効果を発揮致します。

非接触光学式表面検査機
ドイツOptoSurf社製 表面測定機OS 500の実機を展示しております。測定面に照射したLEDスポット光の散乱角分布を解析することで、表面粗さやうねり、真円度、真直度を高速、非接触で計測することが可能です。研磨加工後の摺動面びびり(チャタマーク)、真円度、面粗度のインライン全数検査に適用実績がございます。

サーモグラフィ非破壊検査装置
赤外線アクティブサーモグラフィを用いた非破壊検査装置です。
外部よりランプ・レーザー等で与えた熱エネルギーの伝搬状況を赤外線カメラで検知し、その伝搬状況の差異分析により欠陥部位を検出します。非破壊検査を非接触かつ通常のドライな環境下で行えることが大きな特長となっています。
外部エネルギーとの最適な組み合わせにより、金属の溶接・接着・嵌合部検査、複合材や樹脂材の接着部検査など幅広い分野の検査にご利用いただけます。また、検査システムとしてインラインに組み込むことも可能です。

冷却型高速赤外線カメラによる応力、過渡現象測定
応力変化に伴い生じる物体の微細な温度変化を、高速・高感度な冷却型赤外線カメラにより計測し、ロックイン解析することで応力分布を可視化します。
また、世界最高峰の温度分解能と高速フレームレート機能により温度変化を動画像で撮影し、時速300kmで走るタイヤ表面の温度変化やエアバッグインフレータのガス展開、エンジン内の燃焼解析等の可視化等に寄与しています。

空中伝播超音波検査装置
空中伝播超音波非破壊検査装置の特長は超音波を伝える水等の接触媒質が不要であるため、検査の前・後で接触媒質の塗布や拭き取りを省くことができます。また、このことにより、濡らすことができない対象物の内部欠陥検査に最適な検査装置です。
適用対象物としては、複合材、薄板、積層物、木質材、多孔性材などがあげられます。

このページを印刷    閉じる