総合検査機器展

出展社詳細

株式会社リガク

小間番号
J-70
出展社名 株式会社リガク
https://www.rigaku.com
住所 〒196-8666
東京都昭島市松原町3-9-12
担当部署 広報宣伝課
TEL 042-545-8190
FAX 042-545-7983
E-mail info@rigaku.co.jp
みどころ <デジタル・小型・軽量> 簡単!迅速!軽量!検査効率が向上する各種X線非破壊検査装置
出展製品

各種X線非破壊検査装置(RT・CR・DR)
「デジタル・小型・軽量」をテーマにした各種X線非破壊検査装置で、様々なニーズに幅広く対応。昨年9月に制定されたJIS Z 3110「溶接継手の放射線継手試験法‐デジタル検出器によるX線及びγ線撮影技術」によりRTデジタルの需要拡大が見込まれる中、当社はCR・DRのRTデジタルのラインナップを拡充させ、目的・用途に沿ったソリューションを提供する。

Niton携帯型成分分析計:XL2/3t/5シリーズ
国内販売実績2,000台を突破。合金鋼・ステンレス・ニッケル合金・銅合金・アルミ合金等の様々な鋼材種が、その場で容易かつ迅速に非破壊検査できる点が特長。ラインナップもコストパフォーマンス重視のXL2から多機能なXL3t、最小・最軽量で高性能な次世代機XL5まで拡充。更に溶接部や隅肉の測定に最適なマスクや、測定視野の切替機能、メッキ厚さの簡易測定モード等、より幅広いPMI検査ニーズに対応可能。

3DマイクロX線CT:CT Lab
高速CT撮影・高分解能・試料水平固定保持で簡易さを追求したCT。最速8秒で512枚のCT画像を構成し、画像再構成も約10秒で可能。広視野観察から、高解像度表示が可能な再構成機能を搭載し、2.6 μmの画像表示が可能。標準搭載の3Dボリュームレンダリング表示により、3D解析を簡単操作で実現。サンプルチェンジャー機能により、効率よく多数の試料をCT撮影可能。故障解析、品質管理に貢献。

X線応力測定装置シリーズ
材料開発から品質管理まで、目的や用途に応じて最適な装置を提供可能。
「大型構造物対応X線応力測定装置:SSD/MSF-3M」 従来の検出器と比較して、約2倍の検出感度を有する高速検出器を搭載した最新機種。
「微小部X線応力測定装置:AutoMATE II」 2θ=168°までの高角度測定、微小部領域の局所的な測定、高精度測定が可能な専用機。

このページを印刷    閉じる