鉄道技術展
MTIJ2021 オンライン

公開期間:2021年11月1日~12月24日

出展者情報

小間番号 D-22
出展者名 (株)サトー
https://www.sato.co.jp/
住所 〒108-0023
芝浦3-1-1
担当部署 マーケティング推進部
TEL 080-8032-0835
E-mail takahiro.shimizu@sato-global.com
製品情報
その他

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 公共交通向けソリューション

その他

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 屋外耐性10年のラベルを設備管理に活用
ウルトラベル・ネオは、高い耐溶剤性・屋外耐候性があり、長期的に使用できるラベルです 。 簡単にプリンタで発行ができるため、業務の属人化をなくすことができます。さらにバーコード・2次元コードをラベルに印字することで、点検の効率化を行うことができます 。

その他

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 RFIDソリューションのご案内
現在、活用が進むRFID。鉄道事業においても、切符以外にも工具管理や備品管理に活用が広がっています。サトーでは、RFIDタグだけでなく、活用に必要な周辺機器も含めご提案できます。

土木
インフラ

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 RFIDでの工具貸し出し・持ち出し管理ソリューション
保線・保守現場において、工具の紛失や置き忘れは、重要インシデントの原因ともなります。RFIDで一括管理をすることで、管理工数の削減と正確な備品管理の両立が可能です。

土木
インフラ

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 音声認識で設備点検記録を電子化し効率化
点検帳票を電子化するだけでなく、入力作業を音声で行うことで、点検作業がより効率化できます。ハンズフリー・アイズフリー環境での点検作業の負荷を減らし、作業ミス・記載漏れを防ぎます。

土木
インフラ

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 屋内位置測位技術で、作業員の位置・動線管理
点検場や整備工場などの屋内で、作業員の位置・動線をリアルタイムで見える化することで、作業レイアウトの改善だけでなく、作業員の安全も管理することができます。

みどころ RFIDやバーコード・2次元コードを活用し、保線・保守現場を中心に効率化をご提案します。