鉄道技術展
MTIJ2021 オンライン

公開期間:2021年11月1日~12月24日

出展者情報

小間番号 A-02
出展者名 ライカジオシステムズ(株)
https://leica-geosystems.com/ja-jp/
住所 〒108-0073
東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル18F
担当部署 マーケティング部
TEL 03-6809-3901
FAX 03-6809-3391
E-mail marketgeo.jp.tok.geo@leica-geosystems.com
製品情報
交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 世界主要都市の航空画像をライブラリ化した「HxGNコンテントプログラム」
航空画像と標高モデルの世界最大のライブラリである「HxGNコンテントプログラム」に、今年8月東京23区の空間地理データが追加されました。750 km2のカバレッジエリア全体を通し、地上解像度7.5cmのオル画像等を含む3D都市モデルが含まれています。

交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 歩きながら周囲の3D計測をおこなう移動体ハンディレーザースキャナー Leica BLK2GO
「Leica BLK2GO」は、歩いて移動しながら3Dで空間を再現するハンディタイプのレーザースキャナーです。 画像と測定精度の高い点群をリアルタイムで取得し、SLAM技術を使用して空間内で移動した軌跡を記録します。

交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 高速・高精度な3Dレーザースキャナー Leica RTC360
「Leica RTC360」は高速で3D点群データ取得し、現況計測や出来形計測に適した3Dレーザースキャナーです。BIMモデル作成・情報化施工、機動性にも優れ、さらに高速スキャンにより、広範囲の場所の点群取得にも短時間で対応できます。

土木
インフラ

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 世界初ビジュアル・ポジショニング機能を装備した汎用性の高い測量用GNSS受信アンテナ Leica GS18 I
「Leica GS18 I」はアンテナポールが傾いていても、水平でも測位可能な測量用GNSS受信アンテナです。内蔵カメラで見たままの場所を簡単・効率的に計測することから物理的に計測地点に到達する必要がなく、現場での作業時間短縮に貢献します。

土木
インフラ

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 世界初のスキャナー搭載型トータルステーション Leica Nova MS60
「Leica Nova MS60」はトータルステーションの機能に高速レーザースキャン機能、GNSSセンサーとの接続性、デジタルイメージングを組み合わせた究極の万能トータルステーションです。

みどころ 本展示会では、360°24MPカメラシステムを搭載したモバイルマッピングシステム「Leica Pegasus:Two Ultimate」から、継続的なモニタリングに最適な「Leica Nova TM60」まで、プロジェクトの初期段階から施工後の設備修繕管理まで対応した、鉄道業界向けトータルソリューション他、あらゆる課題を解決する製品やヒントをご紹介します。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。