鉄道技術展
MTIJ2021 オンライン

公開期間:2021年11月1日~12月24日

出展者情報

小間番号 G-22
出展者名 EIZO(株)
https://www.eizo.co.jp/
住所 〒924-8566
石川県白山市下柏野町153番地
担当部署 映像ソリューション営業部
TEL 03-5764-3401
E-mail Duravision_master.jp@eizo.com
製品情報
交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 <駅利用者の安全確認に> EIZOが提供するリアルタイム監視ソリューション IPモニター/IPデコーディングボックスを活用し、駅構内を見える化
駅構内に設置されているIPカメラをEIZOのIPデコーディングボックス『DuraVision DX0211-IP』に接続することで、最大32台のカメラ映像をモニターに同時表示することが可能です。また、PCレスで運用できるのでセキュリティ面も安心です。

交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 <ホーム監視に> 鉄道向け、縦表示対応のフルHD表示ができる21.5型ワイドモニター 長い鉄道の隅々まで高精細に見え、乗客の安全な乗降をしっかりと見守ることができます。
21.5型フルHD表示の車掌用ITVモニターです。1300cd/㎡の高輝度表示が可能で、晴天時の昼間や西日の強い夕方も映像が鮮明に見えます。液晶面にアンチグレア処理を施しているため、日光の映り込みも軽減でき、鉄道ホームの監視に最適です。

交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 <屋外設備の監視や保全業務に> EIZO独自の視認性向上処理で、見えにくい映像も見やすく補正。 鉄道の安全運行を守り、CBM(予知保全)を実践できます。
視認性向上システム『DuraVision EVS1VX/EVS1VS』はカメラやビデオレコーダーなどとHDMI端子で接続。撮影映像から補正すべき情報を割り出し、視認性向上処理を行い、リアルタイムに接続したモニターに表示することができるシステムです。

交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 <EIZOグループが提供する監視のトータルソリューション> EIZOグループは「撮影・記録・配信・表示」を担うさまざまな製品で、お客様のニーズに合ったソリューションを提供します。
EIZOは、ニーズに特化した高品質モニターだけでなく、超高感度カメラやエンコーダ、視認性向上システム、映像配信システムなど、さまざまな機器を取り揃えています。鉄道技術展ではこれらの製品を組み合わせた鉄道市場向けの監視ソリューション提案を行います。

みどころ 今回のブーステーマは『鉄道現場の安全を守る EIZOの撮影・記録・配信・表示システム』
EIZOブースでは鉄道向けモニターの他に、駅構内の監視を強化する製品やソリューションを多数ご提案します。

▼ブースに展示する製品/ソリューション紹介(EIZO Webサイトへ)
 https://www.eizo.co.jp/event/pr/industry/mtij2021.html