鉄道技術展
MTIJ2021 オンライン

公開期間:2021年11月1日~12月24日

出展者情報

小間番号 B-05
出展者名 鉄道情報システム(株)
https://www.jrs.co.jp/
担当部署 第一営業企画部 営業企画課
TEL 03-5334-0671
FAX 03-5334-0667
製品情報
旅客
サービス

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 アシストマルス
◆みどりの窓口のような対面接客「話せる券売機」
顧客操作形端末(MV-50)とコールセンターを接続し、遠隔操作による窓口サービスを可能とし、お客様の利便性向上と、鉄道事業者の駅運営効率化を実現します。

旅客
サービス

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 タッチレス指定席券売機
タッチセンサの検出位置を数cm浮かすことで、画面に触れることなく操作可能なタッチパネルを実現しました。新型コロナウイルスの影響により衛生面に対する意識が高まっており、「触りたくない」ニーズに対応します。

旅客
サービス

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 QR乗車券
QR乗車券は、スマートフォンと専用サイトを利用することで、無人駅に新たな機器を導入することなく、お客様の利便性向上と、駅係員・車掌の負担軽減を両方実現する画期的な自動精算サービスです。

旅客
サービス

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 AI自動応対(参考出展)
「話せる券売機」アシストマルスが、バーチャル駅員の案内でさらに進化。駅出札業務の自動化、無人化をより強力にサポートします。
会話による購入操作内容は文字でも表示されるため、耳が不自由なお客さまも安心してご利用いただけます。

旅客
サービス

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 スマホ定期(参考出展)
駅に行かなくても、どこからでもスマホで定期券を購入できます。
データはスマホにそのまま格納され、スマホ画面を係員に提示するだけで乗車が可能。
無人駅やICカードが利用できない駅などにも適したサービスです。

みどころ 日本の鉄道を長きにわたり支え続けてきた「MARS(マルス)」システムをはじめ、JR各社で新たなきっぷ販売のスタイルとして拡大中の「アシストマルス」、駅窓口業務に対するデジタルソリューションとして開発中の「バーチャル駅員との会話によるきっぷ販売」、「モバイル端末でのチャットボットによるきっぷ販売」など、鉄道利用におけるDXを促進する新たなサービスを出展します。