鉄道技術展
MTIJ2021 オンライン

公開期間:2021年11月1日~12月24日

出展者情報

小間番号 E-19
出展者名 津田電気計器(株)
http://www.tsuda-em.co.jp/
住所 〒562-0045
大阪府箕面市瀬川4丁目4号10号
担当部署 営業本部 営業企画課
TEL 072-720-6251
FAX 072-721-6078
E-mail tsuda-egk@tsuda-em.co.jp
製品情報
電力
輸送

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 ΔIの見える化
直流電鉄用き電線の負荷電流波形とΔI形故障選択装置(50F)の出力(ΔI)波形を測定する装置です。既設の電流検出器を利用するので本装置とお手持ちの記録装置を用意するだけで測定ができます。

電力
輸送

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 直流ロケータシステム
直流電鉄用変電所間において 短絡・地絡故障が発生した時の54F開放信号を基本条件とし、同時に当該回線の遮断電流・50F・85F・64Pのいずれかの発生を検知した場合に、変電所から故障点までの距離を標定します。

電力
輸送

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 整流器用交流地絡選択継電器
直流電鉄用変電所の地絡故障を検出する装置です。
従来までは保護が不十分だった整流器用変圧器と整流器間の交流電路地絡を保護します。
本装置は、地絡電流に含まれる第3次高調波成分を検出します。

電力
輸送

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 電力ろ波器(Q-FL)
直流変電所の整流器を起因とする高調波ノイズを変電所外に拡散することを抑制する装置です。
さらに如何なる電流領域においても過渡的な故障電流を適切に限流する直列(限流)リアクトルを備えています。

電力
輸送

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 海外向けATロケータ
交流電鉄用き電回路(ATき電区間)において短絡・地絡故障が発生した際に、故障が発生した箇所までの距離を計算して表示する装置です。
国内での実績品を基に、距離計算機能、SCADAとの通信機能をカスタイマイズした海外への展開を主目的とした装置です。

交通
鉄道

MTIJ2021オンラインで詳細情報確認 ΔIの見える化
直流電鉄用き電線の負荷電流波形とΔI形故障選択装置(50F)の出力(ΔI)波形を測定する装置です。既設の電流検出器を利用するので本装置とお手持ちの記録装置を用意するだけで測定ができます。

みどころ 津田電気計器は鉄道への安全・安心な電力供給に欠かせない装置をつくり、世界に誇れる技術で1日1日を守り続けています。
鉄道技術展の会場では実機でのデモンストレーション(ΔIの見える化、直流ロケータシステム)や製品およびパネルで弊社製品のご紹介させて頂きます。
是非、弊社ブースへお越し下さい。