第19回 自動認識総合展

マイクロスキャン 高分解能二次元シンボルリーダ MicroHAWK UHD

2017年09月11日   (株)サイレンスネット

■MicroHAWK UHDの概要
スマートフォン等の最新電子デバイス組立工程で、部品識別やセキュリティに利用するDPM二次元シンボルの超高密度化が進んでいる。本機は安定した精度と高い認識率を追求した極小DPM対応の専用機です。

■特長
焦点距離の変化を自動調整、最小セルサイズ25μmに対応。500万画素グローバルシャッタ仕様を追加(2017Q4)。フィールド交換可能のLED照明は赤色/白色に加え、新たに青色/赤外光を追加。偏光フィルタ搭載。

■モデルID-40 UHD仕様
・寸法=45x45x25mm ・ケース=アルミ合金 ・防塵防水=IP65 ・インターフェイス=EtherNet TCP/IP, RS232 ・AF距離=40-150mm ・カメラ=CMOS 130万画素

■応用例
エレクトロニクス組立ラインや半導体製造分野等で利用される(PCB, IC部品, 小型部品, FCC, フラットパネル, ウェーハ)等にマーキングされた超極小シンボルの読取認識。

PDFダウンロード
(1564KB)

[閉じる]